自然史しずおか
第9号

2005年6月15日発行

最終更新日:2011年12月6日



表紙の写真
表紙:オイカワ(表表紙)とオイカワの稚魚(裏表紙)。どちらも秋山信彦氏撮影。詳細はカラーコラムを参照。


ご案内

山梨県環境科学研究所と
環境省生物多様性センターの見学会

NPO自然博ネット 主催
 昨年の9月に行った長野県自然環境研究所の見学同様に、今年の夏には山梨県の同様の機関と環境省生物多様性センターの見学をいたします。静岡県立自然史博物館のひとつの機能として、自然環境研究について、いろいろと学べればと思います。会員だけでなく、広く一般参加も歓迎いたします。

日  時:平成17年8月28日(日)
集合場所:JR静岡駅南口(ルノアールの像前)7:00 自家用車分乗で行きます。
場合によっては、東名等、途中で拾って行く事も可能です。または現地環境省生物多様性センター前に9:30に直接現地でもかまいません。
  静岡→御殿場→須走→山中湖→河口湖→現地
会  費:静岡から参加の方2000円
持 ち 物:弁当、雨具、観察用具(双眼鏡など)
研究所の周辺でも、自然観察会を行います。
申 込 み:8月20日までに事務局まで、氏名、住所、電話番号、集合場所を、明記の上葉書、ファックス又はメールにて申し込みをお願いします。

 


表紙・裏表紙、目次、事務局だより以外の記事が
pdfファイルでダウンロードできます(1,717KB)

目 次

ご案内 山梨県環境科学研究所と環境省生物多様性センターの見学会

標本資料保存事業の新規契約と実施場所の移転がはじまる                 事務局

総会記念講演報告
 「博物館、今までの仕事とこれからの仕事−横須賀自然史博物館の50年を振り返って−」

施設見学と自然観察会報告 竜洋町昆虫自然観察公園と桶ヶ谷沼見学会        大貫貴清

コラム 静岡県の水生生物(4) オイカワ                             秋山信彦
コラム 静岡県の哺乳類(8) ウラナリアカシジミ                        清 邦彦


コラム 静岡県の化石(1) 地殻変動のあかし オオシラスナガイ              延原尊美

 自然研究会の紹介 地学団体研究会静岡支部

コレクション紹介(4) 植田 亨氏の現生貝類標本                       延原尊美

静岡県の三角点(3) 楞厳地山                                  輿石邦昭

事務局だより

 


424-0878 静岡県静岡市清水御門台10番13号
 特定非営利活動法人
静岡県自然史博物館ネットワーク
しずおか自然図鑑(自然博推進協編、静岡新聞社発行。全カラー192ページ、写真が約600枚。定価は 1800円。お近くの書店でどうぞ。

静岡県の豊かな自然がコンパクトにまるごとわかるはじめての本です。県内の自然観察にも活用できます。


静岡県立自然史博物館設立推進協議会のページ


自然史しずおかのindexにもどる

Homeにもどる

登録日:2007年1月3日

NPO 静岡県自然史博物館ネットワーク
spmnh.jp
Network for Shizuoka Prefecture Museum of Natural History