観察会・視察会・展示会のご案内

NPO 静岡県自然史博物館ネットワーク

最終更新日:2018/12/16


参加申し込み
観察会は,通常はNPO会員(正会員・サポート会員)のための観察会です.会員でない方も,参加できるものもありますが,
基本的に会員以外は,参加できません.
ぜひ,当NPOにご入会下さい.
入会方法は,こちら

NPO 静岡県自然史博物館ネットワーク事務所

〒 422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷5762
ふじのくに地球環境史ミュージアム内
NPO事務所
Tel & Fax: 054-237-1411
メール 

2006~2010年までの観察会などの活動履歴
2011~2015年までの観察会などの活動履歴


引佐でカタクリとギフチョウの観察会

日  時:2019 年4月7日(日曜日)
集合場所:浜松市天竜区
 道の駅「くんま水車の里」9:00集合
  現地の駐車場が狭いので、ここで乗合にし て現地に行きます。

※直接いけない方は、人数限定ですが、静岡駅から車を出します。
 JR静岡駅北口(郵便局側一般車乗降場)
 7:00 時間厳守
 静岡駅→新東名高速→浜北IC→阿多古川上 流→上神沢→峠→歩いて観察 
会 費:静岡駅からNPOの車に同乗の方 
 大人3,000円 小学生以下1,500円 
 現地集合の方は参加費100円(保険代)
持ち物:水筒、弁当、歩きやすい靴、観察用具
講 師:昆虫(諏訪)、野鳥(三宅)などを予定
雨 天:中止
申込み:3月30日までに事務局の自然観察会申込先までお申込みください。



船越堤公園 野鳥と地質観察会

静岡市清水区の日本平の東麓にある船越堤公園は、公園として整備され、桜の名所としても知られています。色々な植物が植えられ、四季折々草花が楽しめます。池に集まるカモを始めとして、留鳥や冬鳥の野鳥も多く集まり、また園内の露頭では、地層や化石が観察できます。
※現地集合ですが、人数把握のため、申し込みが必要です。
 
日  時:2019 年3月3日(日曜日)
集合場所:船越堤公園
現地集合 9 時30 分
船越堤公園:駐車場(静岡市清水区船越)案内図参照 
 しずてつバス清水駅前バスターミナル1 番乗場より「船越堤公園線」に乗車、船越堤公園バス停で下車. ※車での集合もできます。 
参加費:資料代+保険代 計400 円
持ち物:双眼鏡などの観察用具、ゆっくりする  人は昼食を
講 師:地質(柴、横山)、野鳥(三宅)
雨 天:雨天中止
解 散:12 時頃
申込み:2月25日までに事務局の自然観察会申込先までお申込みください。


清水三保海岸ビーチコーミング

浜辺に流れ着いた貝殻や生物の死骸、流木や岩石、シーグラスなどを探しながら歩きます。深海魚のミズウオが見られるかもしれません! 何が見られるか、興味深々です。
  
日 時:2019年1月27日(日) 9:30~12:00

集 合:三保海岸(東海大学海洋科学博物館前) 9:30 集合
 アクセス:静鉄バス 三保山手線 東海大学三保水族館行き 清水駅西口前3番のりば
      時刻表:08:45発 清水駅-09:14着 東海大学三保水族館

日 程:午前中で終了。

持ち物:水筒、ビニール袋(収集物を入れるもの)、歩きやすい靴など。

申込み:NPO事務所まで、氏名、住所、電話番号(あれば携帯も)を記入の上、ハガキ、ファッ クス、又はメールにて申し込みください。申込先は、下記。



小鹿の森公園周辺の
キノコの観察会

ふじのくに地球環境史ミュージアムから歩いて行ける距離の小鹿の森公園でキノコの観察会を実施します。

日時・集合:10月6日 小鹿の森公園駐車場 10:00 (2時間ほどの予定)
公園の場所がわからない人はミュージアム前 9:30

参加費:100円(保険代として)

持ち物:水筒・弁当・観察・採集道具(カメラ、ルーペ、新聞紙、ビニール袋など)
雨天:小雨決行

申 込:参加を希望される方は、9月28日までに下記の申込先まで、氏名、住所、電話番号を
    明記の上、電話・ファックス又はメールにて申し込みください。



静岡ガス静岡支社構内のビオトープ
観察会


静岡ガス株式会社静岡支社内のビオトープで、ザリガニ釣りなどの自然観察会を行います。
  
日 時:平成30年9月2日(日)
午前10時より12時まで 昼食を食べ解散

集 合:静岡県静岡市駿河区池田28  静岡ガス 静岡支社
    午前10時までに集合。
集合場所は、東静岡駅より徒歩10分くらいのところです。
  また当日は、構内に自家用車でも入れます。

参加費:100円(保険代として)

持ち物:昼食、あれば双眼鏡等の観察用具

雨 天:小雨決行

申 込:参加を希望される方は、8月24日までに下記の申込先まで、氏名、住所、電話番号を
    明記の上、電話・ファックス又はメールにて申し込みください。



静岡県富士山世界遺産センターと
奇石博物館見学


2017年12月23日に開館しました静岡県富士山世界遺産センターと奇石博物館の見学会を行います。静岡県富士山世界遺産センターは、歴史、文化、自然など多角的に富士山を紹介した県立の施設です。ぜひ、富士山の文化・自然に興味のある方はご参加ください。

日 時:平成30年7月8日(日)  
集 合:静岡県富士山世界遺産センター入口  10:00またはJR静岡駅北口(静岡郵便局側  車乗降場)9:00
 9:00発→遺産センター10:00→昼食
    →奇石博物館13:00→解散14:30頃
  静岡県富士山世界遺産センター
   〒418-0067 静岡県富士宮市宮町5-12 
    TEL.0544-21-3776 https://mtfuji-whc.jp/
参加費:入館料個人負担 
 遺産センター:大人300円
 奇石博物館 :大人700円
 静岡駅同乗の方は、交通費として1,000円



小鹿の森公園野鳥観察会
県鳥 サンコウチョウを見よう!

ミュージアムから「小鹿の森公園」まで、野鳥を観察しながら歩きます。サンコウチョウにも出会えるかもしれません!

日 時:平成30年6月10日(日) 午前9時
集 合:ふじのくに地球環境史ミュージアム前 集合(そこから歩きながら、小鹿の森公園ま で往復します)。
解 散:昼頃
持ち物:双眼鏡、飲み物など 往復で5㎞ほど 歩きますので、歩きやすい靴と服装で。
参加費:100円 (保険料)
雨 天:中 止
申込み:6月1日までにお申込みください(観 察会申し込み先参照)。



高山・市民の森、昆虫観察会
静岡昆虫同好会共催

毎年、静岡昆虫同好会と共催で実施していました昆虫観察会を今年は、高山・市民の森で実施します。

日 時:平成30年5月20日(日)午前10時
  12時ごろ終了予定
集 合:『高山・市民の森』駐車場
 静岡市市街地より車で50分
会 費:100円(保険料)
持ち物:採集・観察用具、飲み物。午後も現地 で活動を続ける人は、昼食。
雨 天:中止(小雨決行)
申込み:不要





第17回 NPO自然博ネット総会

日 時:平成30年4月28日(土)
午後1時30分より4時まで
会 場:静岡市駿河区大谷5762
    ふじのくに地球環境史ミュージアム 3階 視聴覚室
バスのアクセス:静岡駅バスターミナル8Bのりば美和線
『 ふじのくに地球環境史ミュージアム行き』に乗車
終点『ふじのくに地球環境史ミュージアム』下車 :1時間に1本ほどです。
※ 乗場の詳細・時刻表については、静鉄バスのホームページなどで、ご確認ください。
12時30分 受付開始 13時30分まで
 ※ 正会員・サポートの入館料はNPOで負担します。
   受付時間は厳守して下さい。受付開始前に来られた方は、無料ゾーンでお待ち下さい。
13時30分 総会記念講演「デジカメで昆虫と自然を撮る」
      講演者 海野和男先生(昆虫写真家)
14時40分 総会議事    
16時00分 終了 



麻機沼遊水地
バードウォッチング観察会


野鳥の会静岡支部の定例探鳥会、静岡市の郊外麻機沼遊水地で行われるバードウォッチングに参加します。カモやサギの仲間、他にもオオタカやミサゴなどの猛禽も期待できます。
日  時:平成30年3月25日(日)
集合場所:現地集合 
 静岡市葵区 麻機遊水地 第4工区 

 サッカーグラウンド(下の案内図参照)
集合時間:午前9:30 午前中
会  費:無料
持ち物:あれば双眼鏡,防寒対策をしっかりと
雨  天:中止
申込み:不要ですが、人数把握のためメール でお知らせいただけるとありがたいです。




静岡市立日本平動物園見学会

静岡市立日本平動物園で、2018/2/1~3/31まで開催するNPO自然博ネットで企画・展示を行った『静岡市まるごと動物園』の展示を見学しに行きます。このイベントは、観察が難しい静岡市内に生息する哺乳類を写真・標本で見ることができる展示になっています。また、普段見られないゾウ舎等のバックヤードの見学も行います。

日 時 :2月25日(日)  10時~
  午前:『静岡市まるごと動物園』等の見学
  午後:ゾウ舎等の見学・自由行動 流れ解散

集合場所:日本平動物園 P1駐車場 エントランスゲート前 10時
アクセス:静鉄バス(1時間に1本)
 (バス)  静岡駅前11番 9:23発→東静岡駅南口 9:36発→動物園入口9:45着 
     日本平自動車「動物園に行こう!線」
      JR東静岡駅 9:20発→動物園 直行バス 9:30着

入場料 :一般(高校生以上):610円
      小・中学生:   150円(未就学児は無料)
   駐車料:普通車:610円

お申込み:2月16日(金)までにNPO事務所(P14参照)に、氏名、 住所、電話番号(できれば携帯電話も)、集合場所を明記の上、ハガキまたはFax、メールにてお申し込みください。


静岡市 まるごと動物園!?

会場:日本平動物園ビジターセンター
開催期間:2018年1月30日〜4月1日

チラシPDF



ふじミュー自然系文化祭 『自然史しずおか祭』

10月28日(日)~11月5日(日)

場所:ふじミュー2F 講堂

『自然史しずおか祭』は,ミュージアム研究員・NPO職員・サポターなどミュージアム関係者の自然・環境史に関する研究や活動について,ポスター形式にて発表する場です.研究員6名をはじめ,ミュージアムで働いているNPO関係者のほとんどが参加して,個々の研究などについて発表を行っています.世界的な研究から,地域的な研究まで様々な分野なものが36テーマもあり,充実したポスター発表となっております.ぜひ見学にお越しください.



第6回 ミュージアム合同セミナー
「両生類とヒル」
佐々木彰央(NPO静岡県自然史博物館ネットワーク・研究員)

1016日(月)10:0011:00

場所:ふじミュー3F視聴覚研修室
内容:

ヒルと聞くと多くの人が嫌悪感を抱くと思います。私も以前まではそうでした。映画「スタンドバイミー」に出てくる沼地のヒルや、山歩きをしていると足元に集まってくる森林のヒル。これらヒル類は嫌われる要素しかないように思えます。しかもヌメヌメとした体で張りつき血を吸うのですから嫌われて当然なのかもしれません。しかし、ヒルと言っても様々な種類がいて、それぞれの生活スタイルがあります。全ての種が気持ち悪いわけではありません!それに気が付いた時、ヒルに魅了されてしまいます。私は5年前、渓流の水中で両生類に食べられる透明なヒルを見つけたことをきっかけに、そのヒルを調べはじめ、ヒルの魅力にとりつかれました。その時、ヒルのどこに興味を持ったのか、皆さんに詳しく説明したいと考えています。

※当日は休館日となっています。

ミュージアム入口手動ドアからお入りいただき、3階の会場まで直接お越しください。




糸魚川―静岡構造線
 新発見の新地表断層(露頭)の見学会

今年6月に静岡新聞に掲載された、清水区の糸静線断層の露頭を、発見者の塩坂邦雄さんに案内していただき、見学します。
 露頭までの往復途中、秋の自然観察会も行います。

日 時:平成29年11月19日(日) 10時~
集 合:JR静岡駅北口 
    郵便局側一般車乗降場 9時
現地集合:清水区西里 黒川 
    やませみの湯駐車場 10時
講 師:塩坂邦雄、柴 正博、三宅 隆など
持ち物:昼食(途中購入可)、雨具など
参加費: 静岡駅より車同乗者は 1000円
  他に資料代、保険代として一人300円
雨 天:順延の予定ですが、その場合は参加予
  定者に連絡します。
注 意:現地では、露頭まで40分くらい歩き  ます。それなりの準備をして参加してくだ  さい。



小鹿の森公園周辺のキノコ観察会

秋はキノコの季節です。「静岡木の子の会」の専門家の協力で、小鹿の森公園周辺でキノコの観察会を行います。静岡市街地に近い公園では、どのようなキノコが観察できるかお楽しみに!

日 時 :10月14日(土)
      10時~12時(2時間ほどの予定)
集合場所:小鹿の森公園駐車場 10時
 集合場所がわからない人は
       ミュージアム前 9時50分
持ち物 :水筒、弁当、観察・採集用具(カメラ、ルーペ、 新聞紙やビニールなど)
お申込み:10月6日(金)までにNPO事務所に、氏名、 住所、電話番号(できれば携帯電話も)、集合場所を明 記の上、ハガキまたはFax、メールにてお申し込みくだ さい。
  
  ≪お申し込み・お問い合わせ先≫
  〒 422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷5762
  ふじのくに地球環境史ミュージアム内
   NPO自然博ネット事務所
  


第4回 ミュージアム合同セミナー

期日:8月21日(月)
時間:10:00~11:30
場所:3F視聴覚研修室
講師 延原 尊美
(静岡大学教育学部教授 NPO理事) 
「大英自然史博物館のワクワク 
〜自然史ファンをつくるために」

聴講対象 ミュージアム関係者
ミュージアム職員、NPO自然史博ネット会員、サポーター、インタープリター、サービススタッフ
ミュージアムは閉館日ですが、このセミナーには希望するNPO会員も聴講できます。誘ってみてください。



第2回 ミュージアム合同セミナー

期日:6月19日(月)
時間:10:00~11:30
場所:3F視聴覚研修室
講師  諏訪 哲夫
(静岡昆虫同好会 会長 NPO監事) 
「静岡県のチョウの衰亡と分布拡大」

聴講対象 ミュージアム関係者
ミュージアム職員、NPO自然史博ネット会員、サポーター、インタープリター、サービススタッフ
ミュージアムは閉館日ですが、このセミナーには希望するNPO会員も聴講できます。誘ってみてください。



豊橋市自然史博物館・動物園見学

豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」は、園内に自然史博物館・動物園・植物園がある公園です。以前にもNPOで見学会を行いましたが、昨年、自然史博物館の新生代展示室がリニューアルしたばかりで、旧展示の約5倍、ミンククジラ・ケナガマンモス骨格標本など展示が充実しています。ぜひ、ご参加ください。
日 時:平成29年6月18日(日)
集合場所:≪車同乗を希望される方≫
     JR静岡駅北口
     (郵便局側一般車乗降場) 8:00
≪現地集合を希望される方≫
 「のんほいパーク駐車場」 10:00頃
参加費≪車同乗の方≫大人3,000円+入園料 
 小学生以下1,500円+入園料 
 ≪現地集合の方≫100円(保険料)+入園料
入園料:大人600円、小中学生100円
持ち物:水筒、弁当(途中調達可)
雨 天:雨天決行
申込み:6月12日までにお申込みください。

 ≪お申し込み・お問い合わせ先≫
  〒 422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷5762
  ふじのくに地球環境史ミュージアム内NPO自然博ネット事務所
  TEL・FAX:054-237-1411(直通), Eメール:bureau@spmnh.jp

小鹿の森公園周辺での野鳥観察会
県鳥 サンコウチョウを見よう!

ミュージアム周辺にある静岡大学の日本初の「大学ビオトープ」見学や「小鹿の森公園」でサンコウチョウを始めとする夏鳥の観察を行います。
日 時:平成29年6月4日(日) 午前9時 
集 合:ふじのくに地球環境史ミュージアム前 集合(そこから歩きながら、小鹿の森公園ま で往復します)。
解 散:昼頃
持ち物:双眼鏡、飲み物など
往復で5㎞ほど歩きますので、歩きやすい靴と服装で。
参加費:100円 (保険料)
雨 天:中 止
申込み:5月29日までにお申込みください。
 
≪お申し込み・お問い合わせ先≫
  〒 422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷5762
  ふじのくに地球環境史ミュージアム内NPO自然博ネット事務所
  TEL・FAX:054-237-1411(直通), Eメール:bureau@spmnh.jp


清水黒川自然観察会
(静岡昆虫同好会と共催)

富士山麓西臼塚周辺では、冬場雪が積もるとたくさんの動物の足跡が見られます。この雪上に残された動物の足痕を探しながら、富士山周辺にはどのような哺乳類が生息しているのかを調べます。またミヤマホオジロやベニマシコ、ウソなどの冬鳥も観察できるかもしれません。

平山・炭焼林道を往復し、昆虫観察と採集をします。
ジャコウアゲハなどのアゲハ類が多く見られます。家族連れで参加できる行事です。
 この行事は一般参加も受付ます。申し込みはいりません。当日現地集合です。

日 時:平成29年5 月7日(日) 
 9 時30 分~ 12 時頃まで(午後はありません)
集合場所:静岡市清水区興津川上流「やすらぎの森」せせらぎ広場の木造アーチ橋前。
 「やませみの湯」の先、「えみの家」の前です。
持ち物:採集・観察用具、飲み物など。
参加費: 参加費:100円 (保険料)
申込み:不要



雪上の足痕観察のお知らせ

富士山麓西臼塚周辺では、冬場雪が積もるとたくさんの動物の足跡が見られます。この雪上に残された動物の足痕を探しながら、富士山周辺にはどのような哺乳類が生息しているのかを調べます。またミヤマホオジロやベニマシコ、ウソなどの冬鳥も観察できるかもしれません。

日 日:平成29年2月5日(日)
集合場所:JR静岡駅北口(郵便局側一般車乗降場)8:30 
      自家用車分乗で行きます。時間厳守 
     現地集合場所:西臼塚駐車場(10:00)  
    ※現地の道路は、積雪がある見込みです。各車両の雪上走行装備をお願いします。
会 費:保険料として100円 
    車同乗の方は,+1,500円(子供: 1,000円)
持ち物:水筒、弁当(途中調達可)、歩きやすい靴(防寒靴など)、雨具、双眼鏡などの観察道具。
雨 天:中 止 
講 師:佐々木・三宅など
お申込み:1月27日(金)までにNPO事務所に、氏名、住所、電話番号(できれば携帯電話も)、 集合場所を明記の上、 ハガキまたはFax、メールにてお申し込みください。
  
  ≪お申し込み・お問い合わせ先≫
  〒 422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷5762
  ふじのくに地球環境史ミュージアム内NPO自然博ネット事務所
  TEL・FAX:054-237-1411(直通), Eメール:bureau@spmnh.jp



モグラの仲間の勉強会
 駿河ほねほね団が作製した骨格標本ライブラリーについての紹介と、モグラの仲間の骨の構造について勉強会を実施します。

日 時:2017年1月15日(日曜日)
 午後1時より約2時間ほど
 (説明1時間、骨格組み立て実習1時間)
場 所:ふじのくに地球環境史ミュージアム 内の1階ミドルヤード「骨学教室」 
定 員:先着20名
会 費:会費は無料ですが、常設展観覧券:
一般300円(学生または70歳以上を除く) が必要です。

お問い合わせは,ふじのくに地球環境史ミュージアムまでお願いします。
≪ふじミューHPとTel・Fax≫
 https://www.fujimu100.jp/
Tel:054-260-7111 Fax:054-238-5870



チョウから見た富士山のいま(講演)
 富士山に棲むチョウの過去と現在の変化、その環境変化について解説します。
講 師:清 邦彦
日 時:平成29年1月9日(月)
 1回目:11:00, 2回目:14:00
場 所:ミュージアム講堂
定 員:各回50名(先着順)
参加費:無料ですが常設展観覧券が必要です。

お問い合わせは,ふじのくに地球環境史ミュージアムまでお願いします。
≪ふじミューHPとTel・Fax≫
 https://www.fujimu100.jp/
Tel:054-260-7111 Fax:054-238-5870



南アルプスの動物たちのいま(講演)
南アルプスの哺乳類や鳥類の過去と現在の状況について説明し、その生息環境がどのように変化してきたかについてお話しします。
講 師:三宅 隆
日 時:平成29年1月8日(日)
  2回行い、1回1時間ほど
  1回目:11:00, 2回目:14:00
場 所:ミュージアム講堂
定 員:各回50名(先着順)
参加費:無料ですが常設展観覧券が必要です。

お問い合わせは,ふじのくに地球環境史ミュージアムまでお願いします。
≪ふじミューHPとTel・Fax≫
 https://www.fujimu100.jp/
Tel:054-260-7111 Fax:054-238-5870



チリメンモンスター探し(講座)
吉田港産のチリメンジャコの中から、様々な魚の稚魚を探し、駿河湾に棲む魚類のオリジナルの図鑑をつくります。
講 師:高見宗広、佐々木彰央
日 時:平成29年1月7日(土)
 3回行い1回1時間ほど
 1回目:11:00, 2回目:13:30
 3回目:15:30
場 所:ミュージアム講堂
定 員:各回15名(先着順)
参加費:無料ですが、常設展観覧券:
一般300円(学生または70歳以上の方を  除く)が必要です。

お問い合わせは,ふじのくに地球環境史ミュージアムまでお願いします。
≪ふじミューHPとTel・Fax≫
 https://www.fujimu100.jp/
Tel:054-260-7111 Fax:054-238-5870


ふじのくに地球環境史ミュージアム企画展
企画展「静岡のチョウ 世界のチョウ」
古くから人々に愛されてきたチョウ。本展では、静岡に生息する全種の標本や世界の各地域を代表するチョウ、絶滅した貴重なチョウ等を紹介します。
開催期間:平成28年12月10日(土)から
 平成29年3月26日(日)まで
会場:企画展示室(2階)


詳細は,こちら
↓↓↓
https://www.fujimu100.jp/exhibition/underway/


静岡市梅ヶ島安倍峠の自然観察会(紅葉)
 梅ヶ島から安倍峠への林道は、安倍峠から流れるサカサ川をゆっくり歩きながら、オオイタヤメイゲツなど、晩秋の紅葉を楽しみましょう。今まで、何回か実施しましたが、なかなか素晴らしい紅葉に巡り合っていません。今回はどうかな?

日 時:平成28年11月3日(祝日:文化の日)
集合場所:JR静岡駅北口
 (郵便局側一般車乗降場)8:00
 または梅ヶ島旅館街手前の駐車場(9:00)
 自家用車分乗で行きます。時間厳守 
会 費(車同乗の方):大人1,500円 
小学生以下1,000円 
持ち物:水筒、弁当(途中調達可)、歩きやすい靴、雨具、観察用具(双眼鏡など)
雨 天:中 止 
講 師:植物:杉野、 野鳥・哺乳類:三宅など
申込み:10月20日までに下記の観察会申し込み先まで、氏名、住所、電話番号(あれば携帯も)、集合場所(静岡駅か現地)を明記の上、葉書、ファックス、又はメールにて申し込みください。


長島ダム周辺の自然観察と資料館見学のお知らせ
 長島ダムは、川根本町に利水のための多目的ダムとして2002年に完成しました。周辺にはダムの資料館や「川根本町展示館やまびこ」などがあります。これらを見学し、その付近の隧道にいるコウモリなどを観察しましょう。カモシカにも会えるかも!

日 時:平成28年10月2日(日)
集合場所:JR静岡駅北口(郵便局側一般車乗降場)8:30
自家用車分乗で行きます。同乗希望者は時間厳守 
 又は長島ダムふれあい館駐車場 10:00
   
    長島ダムふれあい館:
      〒428-0402 静岡県榛原郡川根本町梅地3-34 
      電話:0547-59-1100  
      HP:http://www.cbr.mlit.go.jp/nagashima/public/

会 費:大人 1,500円 小学生以下 1,000円 (車同乗の方)
    展示館入館料は各自負担
持ち物:水筒、弁当(途中調達可)、歩きやすい靴、懐中電灯、雨具、観察用具(双眼鏡など)
雨 天:中 止 
申込み:9月20日までに事務局まで、氏名、住所、電話番号(あれば携帯も)、集合場所(静岡
   駅か現地)を明記の上、P14の申し込み先まで、葉書、ファックス、又はメールにて申し込みください。


御前崎「磯の自然観察会」のお知らせ
例年、初夏に実施していますが、今回は秋に実施します。大潮の御前崎の磯のタイドプールで、海の魚や貝、そして小動物を観察してみましょう。
日 時:平成28年9月17日(土)
集合場所:JR静岡駅北口(静岡中央郵便局側)9:30 自家用車分乗で行きます。
 又は直接御前崎灯台下駐車場 11:00

会 費:静岡から参加の方 交通費1000円 保険代100円
持ち物:弁当(途中調達可)、長靴又は濡れて もいい靴、着替え、観察用具(双眼鏡など)
 あればタモ網、箱メガネなど
雨 天:中止です
講 師:磯の動物 大貫、高見、佐々木 
    野鳥 三宅
申込み:氏名、住所、電話番号(あれば携帯も)、 集合場所(静岡か現地か)を明記の上、葉書、 ファックス、又はメールにて申し込みください。



「夏の星めぐり」天体観察会
県ミュージアムと初の共催観察会です。ミュージアムで、月や土星などの太陽系、その他沢山の夏の星を楽しみます。
日 時:平成28年8月9日(火)
※但し、当日雨天、曇天の場合は、翌10日(水)、
 それも曇天なら11日(木)迄延期して実施 することとします。
集合場所:ふじのくに地球環境史ミュージアム入口。 
 19:00~21:00頃まで2時間を予定。

会 費:100円 保険代(NPOでの参加者)
服 装:長袖、長ズボン着用。蚊よけ など。
講 師:渡辺(NPO会員)他
申込み:先着10名(中学生以上)。県ミュー ジアムと共催のため人数を制限させていた だきます。なおミュージアムでも10名募集 の予定です。

ふじのくに地球環境史ミュージアムまでのアクセスは下記のHPをご覧ください。
https://www.fujimu100.jp/information/visitor/


静岡ガス静岡支社構内のビオトープでの自然観察会
静岡市池田にある静岡ガス株式会社静岡支社内には、古くから池があり、静岡産のメダカが今も生息しています。その周辺がビオトープとして整備されており、身近な動植物が見られます。会社のご厚意により、休みの日ですが入れていただき、自然観察や、最近ではあまりできなくなったザリガニ釣りなどを楽しみたいと思います。お子様連れでの参加も歓迎します。いつもは秋に実施ですが、今回は、生き物の多い夏に企画しました。

日 時:平成28年7月3日(日) 10:30
集合場所: 静岡ガス静岡支社(静岡市池田28番地)  
    JR東静岡駅より南に徒歩10分くらい。車での集
合もできます。
 
参加費:保険代100円
    持ち物:昼食、雨具、あれば双眼鏡などの観察用具。
    ザリガニ釣り、水生生物観察、トンボなどの昆虫を観察します。
雨 天:小雨決行
解 散:午後3時頃


ミュージアム周辺での自然観察会
(県鳥 サンコウチョウを見よう)

 ミュージアム周辺にある静岡大学の日本初の「大学ビオトープ」見学や「小鹿の森公園」でサンコウチョウを始めとする夏鳥の観察を行います。
日 時:平成28年6月5日(日) 午前9時 
集合場所:ふじのくに地球環境史ミュージアム 前集合
そこから、歩きながら、小鹿の森公園まで、往復します。
解 散:昼頃
持ち物:双眼鏡、飲み物など 往復で5㎞ほど 歩きますので、歩きやすい靴と服装で。
参加費:100円 保険料
雨 天:中 止

ふじのくに地球環境史ミュージアムまでのアクセスは下記のHPをご覧ください。
https://www.fujimu100.jp/information/visitor/


清水黒川自然観察会
(静岡昆虫同好会との共催)

 午前中、昆虫観察と採集をします。昼食後に水生生物などを中心に自然観察会をします。
日 時:平成28年5月8日(日) 9時30分 ~15時頃まで
集合場所:静岡市清水区興津川上流「やすらぎ
 の森」せせらぎ広場の木造アーチ橋前。
 「やませみの湯」の先、「えみの家」の前です。
持ち物:採集・観察用具、飲み物、着替え、午 前、午後参加の方は昼食も。
参加費:無料 申し込み不要です。
雨 天:中止


磐田桶ケ谷沼自然観察会
 
ビジターセンターの見学と、絶滅危惧種のベッコウトンボなどの自然観察会を行います。
日  時:平成28年5月1日(日)
集合場所:磐田 桶ケ谷沼ビジターセンター
午前10:00  
 
桶ケ谷沼ビジターセンターは、国道1号線バイパス三ケ野IC近くです。
桶ケ谷沼ビジターセンターのホームページで参照してください。
↓↓↓
http://www.city.iwata.shizuoka.jp/okegaya-vc/access.htm

会 費:100円 保険代として 
持ち物:観察用具(双眼鏡など)
講 師:前ビジターセンター長の福井先生に案
内していただきます。
雨 天:中止



第15回NPO 自然博ネット総会

日  時:平成28年4月24日(日)
    午後1時30分より3時30分まで
会 場: 静岡市駿河区大谷5762 
    ふじのくに地球環境史ミュージアム3階 視聴覚室

バスのアクセス:静岡駅バスターミナル8Bのりば美和線
『 ふじのくに地球環境史ミュージアム行き』に乗車
終点『ふじのくに地球環境史ミュージアム』下車
    1時間に1本ほどです

ふじのくに地球環境史ミュージアムまでの交通は、県ホームページを参照してください。
https://www.fujimu100.jp/information/visitor/

12時30分 受付開始 13時30分迄
 ※ 今回に限り入館料はNPOで負担します。受付時間は  厳守して下さい。時間前に来られた方は、一時無料ゾー  ンでお待ち下さい。その他は自己負担となります。
13時30分 総会記念講演「世界から見た静岡の魚」
      講演者 渋川浩一先生(ふじのくに地球環境史ミュージアム教授)
12時30分 総会議事    
15時30分 終了 
 終了後に館内見学会を予定しています。 
 NPO自然博ネットの総会は正会員の過半数をもって成立しますので、多くの正会員の出席が必要になります。正会員の方で欠席される方は、必ず委任状をご提出ください。委任状は同封のはがき、またはE-Mailでお願います。なお、サポート会員は議決権がありませんが、講演会や総会に参加できます。講演会の参加も含めて出欠については同封のはがき、E-Mailで事務局までご連絡ください。



引佐でカタクリとギフチョウの観察会
(静岡昆虫同好会との共催)

 早春の可憐なカタクリの花と春の女神と言われるギフチョウの観察会を、引佐の山で行います。
日  時:平成28年4月3日(日)
集合場所:浜松市天竜区
 道の駅「くんま水車の里」9:30集合
  現地の駐車場が狭いので、ここで乗合にし て現地に行きます。
※直接いけない方は、人数限定ですが、静岡駅 から車を出します。
 JR静岡駅北口(郵便局側一般車乗降場)
 7:30 時間厳守
 静岡駅→新東名高速→浜北IC→阿多古川上流 →上神沢→峠→歩いて観察 
会 費:静岡駅からNPOの車に同乗の方 
 大人3,000円 小学生以下1,500円 
 現地集合の方は参加費100円(保険代)
持ち物:水筒、弁当、歩きやすい靴、観察用具
講 師:昆虫 諏訪 野鳥 三宅 などを予定
雨 天:中止
申込み:3月25日に観察会申し込み先まで連 絡お願いします。
お問い合わせ:054-237-14117


Homeにもどる

登録日:2012年9月22日

NPO 静岡県自然史博物館ネットワーク
spmnh.jp
Network for Shizuoka Prefecture Museum of Natural History